是非とも頭に入れておきたいISMSの知識

プライバシマーク取得事業者が個人情報流出事故を起こした場合のがJIPDECの対応は、譴責するというより一緒になんとかしましようといったスタンスデス。

 

Pマークも車検と同様2年毎に更新する必要があります。
現場の業務はキレイごとでは回りませんから、社員はPMSの運用に目をつぶるか、抜け道を探し出すか 手順のショートカットを見付け出す時もあります。
それが把握出来ない新しい残存リスクをもたらす可能性もあります。

 

Pマークは取得したからといって個人情報漏洩事故が起きないといったものではありません。

 

一時的なPマーク使用停止例はあるんですが、実際に取り消された事例はありません。

 

郵便物の誤配たちも事故であり当然JIPDECへの報告義務が発生します。

 

FAXの誤送信対策ならPMSで対応できますが、郵便物の誤配たちはいくらPMSの精度を上げても防げるものでは ありません。
プライバシマーク取り消しについてはあまり心配をする必要はありません。
またプライバシマークをとりてる事で万が一個人情報流出事故が起きた場合の、世論の風当たりを緩和する効果も見込めます。